2017/11/20 06:55:43 id:945892534, genre_id=6002 , Utilities, CCBot/2.0 (http://commoncrawl.org/faq/)
ワードライト | 評価 | iPhoneアプリ101ランキング
2017年11月20日更新
販売元:kimihiro kubota
開発元:
1.8
iOS11.0 平均評価:4
リリース日:

もっとレビューをみる

1. 辞書機能が便利で使いやすい (v1.8)
カーソル移動、かな英字の切り替え、辞書機能。便利です。

ゲームごとの定型文を辞書フォルダに保存しておくことが出来るのも良い。
他の定型文キーボードを導入したら、切り替えが発生してしまうからね。

ただ、要望が一つ。
最小横型で使ってるが、キーボードの各文字の高さが小さいので、他の文字に指が掛かってしまう。
ime辞書欄の高さ、フォントサイズが変更できるようになると嬉しいです。
2. w (v1.8)
やはり和製キーボードアプリは良いものないか...
フリックならいくらでもあるみたいだけどw
3. 変換内容の削除をお願いします (v1.8)
ひらがなで「そうか」と入れますと、「創価死」と出ます。
このようなネットに影響された宗教批判的な語彙が出てくるのはとても不愉快です。
こういった語彙の削除をお願いします。
4. 記号入力と文字移動がありがたい、が (v1.8)
google日本語入力を使用できる数少ないiPhoneアプリとして購入しました。
実際はあまりgoogle日本語入力変換を使ってはいないですが使い心地は上々です。
ただ私、指が大きくて誤タップがおおくなってしまったので、キーボードをさらに大きくできるようになるとたいへん嬉しいです……
あと他の方が書かれていますが文字の予測変換が完全に入力しないと出てこない(予測できてない!)点、
これは私の操作がよくないのかな、文字入力中に左右移動を押してしまって変なところで変換され上書きされてしまうのが難点です……
記号や絵文字を自分で編集して常に表示できるのは最高です。これからもアップデートを期待しています。
5. 類語機能だけほしい (v1.8)
操作をもっと標準キーボードに近づけてほしい。
長い文章をまとめて打ったときに、どの部分を変換するかを、標準キーボードと同じようなカーソル移動で決められるようにしたい。
左右カーソル移動や設定がボタンだと間違って押すことが多いので標準キーボードのボタン配置、カーソル移動は3Dタッチのほうが良い。
タップバー辞書は結局どれも使わなかったのでオフにする設定がほしい。
結局、類語機能のある標準キーボードがほしいだけなので、そのようにシンプルにできる設定があれば実用できた。
6. 幅の左右を簡単にできるように改善してほしい (v1.8)
対応が速く改善して頂いている所に感銘を受けております。
幅を選択する時に左右の選択もできるようになるとありがたいです。
7. 努力が素晴らしい。 (v1.7)
個人開発とのことで、なかなか更新できないようですが、その旨をしっかりとユーザーに伝える姿勢に好感が持てます。
最近は、他のIMEもかなり優秀になってきていますが、独自機能により磨きをかけて、物書きに特化したアプリとして、一層の発展を期待しています。
さらに発展する可能性を残して星4とさせていただきます。応援しています。
8. アプデしてもIME機能が戻らず… (v1.7)
再インストールして 使えるようになった
9. dockが邪魔して入力が困難に (v1.6)
iOS11から画面下部を下から上にフリックすると
以前のコントロールセンターのようにdockが飛び出すようになりました
フリック入力でキーボード下部に配列されている「ん」や「?」を
下から上にフリック入力しようとすると
dockが飛び出したり入力が無効化されてしまいます
以前はコントロールセンターの設定で無効化できたのですが
dockになってその設定も消えてしまい途方に暮れています
本来はApple側が対処すべき問題かと思いますが
キーボードの高さを底上げするなどしてdock呼び出しに干渉しないようにするオプションを用意してもらえないでしょうか?
10. カスタマイズが強力 (v1.6)
ユーザー辞書の呼び出しを、フリックキーに割り当てられるのが便利です。よく使う短文を辞書に登録し、フリックキーに割り当てて使ってます。長年使っていたATOKからついに乗り換えました。辞書のカスタマイズ性も高く、おすすめです。

もっとレビューをみる

★ このアプリをクリッピングする ★
スクリーンショット






解説
ワードライトは、類義語辞書を内蔵したキーボードです
最適な表現を探すため、関連語を大量に表示します

◆主な特徴◆
1.好きな単語を登録可能なタップバー機能
2.日本語の類義語変換
3.Google日本語入力、サジェスト変換
4.関連語検索
5.小さな幅寄せキーボード
6.文節変換と擬似インライン
7.フリックで単語、定型文を表示
8.キーボードサイズを変更
9.カーソル移動、絵文字、顔文字

【1.タップバー機能 】
・好きな単語をキーボード上のタップバーに登録して、ワンタップで表示できます。単語、顔文字、フレーズなどの他にも、改行を含む長文、定型文、アスキーアートなども登録可能です。

【2.日本語の類義語変換 】
・通常の日本語変換に加えて、日本語の類義語変換をします。類語辞書はキーボード自体に内蔵されていますので、高速かつフルアスセス不要で利用できます。日本語変換にはGoogleのmozc、類語辞書(16万個収録)はWordNetを利用しています

【3.Google日本語入力、サジェスト変換 】
・Google日本語入力、サジェストAPIを利用し正確に日本語を変換し、最新の固有名詞も一発で変換します

【4.関連語検索 】
・最適な表現を探すため、ネットから関連語やWikipedia項目のリンク語を検索し、大量に表示します

【5.小さな幅寄せキーボード 】
・単に片手で打てるサイズに変更するのではなく、隙間なくデザインし、キーボードの高さを最小にしました。小さなユーザーインターフェイスで快適に片手で打てます

【6.文節変換と擬似インライン 】
・変換時に文節の区切りをカーソルで変更できます。擬似インラインに対応し、文節変換中の文字をキーボード内で表示します

【7.フリックで単語、定型文を表示 】
・フリックキーボードのフリックキーに登録された単語、定型文、顔文字、フレーズを表示し、素早く入力することができます。

【8.キーボードサイズを変更】
・キーボードのサイズを変更し、片手でも快適に打てます。iPadやiPad Proで片手フリック入力ができます

【9.カーソル移動、絵文字、顔文字 】
・カーソル移動、半角カナ変換、絵文字、顔文字対応

▼キーボードがNullと表示される場合▼
・アップデート後にキーボードがNullと表示される場合は、iPhoneの電源を切って再起動してください

▼フリック入力からQWERTYの切替▼
設定の【あA1ボタンのフリック割当】でローマ字を選択するとフリックでQWERTYキーボードにきりかわります

▼更新について▼
・WordLightは、2015年3月に、Objective-Cというプログラミング言語で開発しました。
しかし、現在はSwiftという言語が汎用的になっており、古い開発言語で保守するのは難しくなってきました。そこで、継続的にWordLightを保守するために、Swiftで書き直すことにしましたが、個人開発では、限られた時間の中での作業になり、お時間をいただくことになると思います。次回のアップデートは、2018年の後半を予定しています

・また、Chromeなどで一文字目が勝手に確定してしまうことがありますが、サードパーティ製キーボード側では、対応が難しいのが現状です。特定の操作をした時、確実に、引き起こされる状況を複数教えていただけたら、対応が可能かもしれません。そのほかのご要望、バグがありましたら、引き続きアプリのレビュー欄で教えていただけたら助かります

・このようなことを申し上げるのは誠に心苦しく存じますが、事情をご賢察いただき、なにとぞご了承くださいますようお願いいたします