2018/01/20 23:57:10 id:945892534, genre_id=6002 , Utilities, CCBot/2.0 (http://commoncrawl.org/faq/)
ワードライト | 評価 | iPhoneアプリ101ランキング
2018年01月20日更新
販売元:kimihiro kubota
開発元:
1.8
iOS11.0 平均評価:4
リリース日:

もっとレビューをみる

1. 時々不具合あるけど○。 (v1.6)
時々iOSの登録辞書が出てこなくなって、再起動しなくちゃいけなくなる。
それと、予測変換では出ていたのに、全部入れると出てこなかったりする。
例えば、だけど、「視聴」って入れようと思って、「しち」までだと予測変換に「視聴」があるのに、「しちょう」まで入れると、「視聴」が後ろに追いやられて探すのが大変になったりする。
他にもある。
でもいいや。出てくるし。
2. 使いやすくなりました (v1.6)
変換候補が少なく、しばらく使っていなかったのですが、アップデートされたので、久しぶりに使ってみました。
キーボードのサイズを小さくできるのと、フリック感度の良さと、サイドに辞書登録リストが出るのが良いです。
開発頑張ってください。
3. 1文字目が確定されるバグ (v1.8)
クローム使う時に発生しますね。その他もあるかも。
あとフリック認識が標準キーボードより劣ってるのはなぜに?設定変えても変化なし
4. まぁまぁ使える (v1.8)
たまに、は?って時があるが
まぁ使える
5. OSアップデートしてから (v1.8)
いつも愛用中なのですが、今回のOSアップデートしたあたりから反応が急激に悪くなりました💦
特にLINEとの相性が悪いのでしょうか?ほぼ何を打ってるかわからないくらい反応してくれません、、、
気に入ってるだけに、早く対応してもらえると助かります!
6. 文字入力のレイアウトを他のキーボードアプリに準拠してほしい (v1.8)
例えば「ぁぃぅぇぉっ」を入力するときは各キーを押して[小]を入力すると思いますが素早く入力すると微妙にフリックになるのか小さい文字になりません
そこでフリックで入力しようとすると濁音のある「ぅっ」は右で他の文字は左フリックになり統一性がありません
以前使っていたキーボードアプリは上フリックで統一して小さくなるので今まで誤入力することがありませんでした
度々誤入力し変換結果も出ないので私が使うと実用性が無く星1つなのですが客観的には星3つくらいでしょうか
変換候補に数字等が混ざると全角半角の見分けが付きづらいのにガイドが無かったり他にも不便な点がいくつかありました
7. とてもいいのですが… (v1.8)
一文目を確定した後に次の文を打とうとすると、確定したはずの一文目が予測変換欄の二文目の先頭に挿入されて文が乱れてしまうことが多々ある。今後のアップデートで改善されることを期待します。
8. iOSの辞書反映について (v1.8)
iOSに登録してある辞書がすべて出てこないです。
同じ単語で登録してあるのですが、最大で1つまでしか出ないのでしょうか?
それは致命的ですので、修正していただけると嬉しいです。
9. 【要望】タップバー (v1.8)
ほぼ満足しておりますが、タップバーで数字を選択しているにもかかわらず、文字入力すると記号の表示に変わってしまいます。
方法知らないだけかもしれませんが、改善希望。
10. やべえ!! (v1.8)
神だ!!

もっとレビューをみる

★ このアプリをクリッピングする ★
スクリーンショット






解説
ワードライトは、類義語辞書を内蔵したキーボードです
最適な表現を探すため、関連語を大量に表示します

◆主な特徴◆
1.好きな単語を登録可能なタップバー機能
2.日本語の類義語変換
3.Google日本語入力、サジェスト変換
4.関連語検索
5.小さな幅寄せキーボード
6.文節変換と擬似インライン
7.フリックで単語、定型文を表示
8.キーボードサイズを変更
9.カーソル移動、絵文字、顔文字

【1.タップバー機能 】
・好きな単語をキーボード上のタップバーに登録して、ワンタップで表示できます。単語、顔文字、フレーズなどの他にも、改行を含む長文、定型文、アスキーアートなども登録可能です。

【2.日本語の類義語変換 】
・通常の日本語変換に加えて、日本語の類義語変換をします。類語辞書はキーボード自体に内蔵されていますので、高速かつフルアスセス不要で利用できます。日本語変換にはGoogleのmozc、類語辞書(16万個収録)はWordNetを利用しています

【3.Google日本語入力、サジェスト変換 】
・Google日本語入力、サジェストAPIを利用し正確に日本語を変換し、最新の固有名詞も一発で変換します

【4.関連語検索 】
・最適な表現を探すため、ネットから関連語やWikipedia項目のリンク語を検索し、大量に表示します

【5.小さな幅寄せキーボード 】
・単に片手で打てるサイズに変更するのではなく、隙間なくデザインし、キーボードの高さを最小にしました。小さなユーザーインターフェイスで快適に片手で打てます

【6.文節変換と擬似インライン 】
・変換時に文節の区切りをカーソルで変更できます。擬似インラインに対応し、文節変換中の文字をキーボード内で表示します

【7.フリックで単語、定型文を表示 】
・フリックキーボードのフリックキーに登録された単語、定型文、顔文字、フレーズを表示し、素早く入力することができます。

【8.キーボードサイズを変更】
・キーボードのサイズを変更し、片手でも快適に打てます。iPadやiPad Proで片手フリック入力ができます

【9.カーソル移動、絵文字、顔文字 】
・カーソル移動、半角カナ変換、絵文字、顔文字対応

▼キーボードがNullと表示される場合▼
・アップデート後にキーボードがNullと表示される場合は、iPhoneの電源を切って再起動してください

▼フリック入力からQWERTYの切替▼
設定の【あA1ボタンのフリック割当】でローマ字を選択するとフリックでQWERTYキーボードにきりかわります

▼更新について▼
・WordLightは、2015年3月に、Objective-Cというプログラミング言語で開発しました。
しかし、現在はSwiftという言語が汎用的になっており、古い開発言語で保守するのは難しくなってきました。そこで、継続的にWordLightを保守するために、Swiftで書き直すことにしましたが、個人開発では、限られた時間の中での作業になり、お時間をいただくことになると思います。次回のアップデートは、2018年の後半を予定しています

・また、Chromeなどで一文字目が勝手に確定してしまうことがありますが、サードパーティ製キーボード側では、対応が難しいのが現状です。特定の操作をした時、確実に、引き起こされる状況を複数教えていただけたら、対応が可能かもしれません。そのほかのご要望、バグがありましたら、引き続きアプリのレビュー欄で教えていただけたら助かります

・このようなことを申し上げるのは誠に心苦しく存じますが、事情をご賢察いただき、なにとぞご了承くださいますようお願いいたします