2017/11/20 22:46:04 id:781186973, genre_id=6015 , Finance, CCBot/2.0 (http://commoncrawl.org/faq/)
消費税++ | 評価 | iPhoneアプリ101ランキング
2017年11月20日更新
販売元:Daiko K.K.
開発元:
3.0.1
iOS11.0 平均評価:4
リリース日:

もっとレビューをみる

1. 見づらい (v2.7.1)
8パーセント以外の消費税が常時表示されるので、間違えが多発してしまう。おススメはできない
2. すごく便利 (v2.7)
いつでもラグがなく使えるので、本当に便利です!
3. いつの間にか広告ポップアップが (v2.7)
いつの間にか広告ポップアップが出なくなってる?普通に使いやすくなってると思います。
4. ポイントつきません (v2.6.1)
ポイントがつかなくなったのでAPPを削除して他の消費税計算機にしようかと。
5. 立ち上がりが… (v2.6.1)
遅いですね。
後は、押した時のレスポンスも遅いですかね…。
6. ポイントが取得出来ない。 (v2.6)
楽天リワードにログイン時に、リトライエラーとなり、ポイントの取得が出来ない。
7. iOS10.3で楽天リワードが獲得できない (v2.6)
ログイン不具合とポイント獲得不具合が発生してます。早急に対応していただきたいです
8. 消費税計算楽ちんです。 (v2.6)
普通の計算機としても使えます。
楽天ポイントもおまけで付くので、毎日使います。
9. 良いです (v2.6)
楽天ポイントが貯まるし、買い物などで税の計算に
良く使います。
10. 広告が消えません (v2.6)
広告が消せるアドオンを購入したのに表示されたままです。
詐欺にあったような気分です。
なんとかして下さい。

もっとレビューをみる

★ このアプリをクリッピングする ★
スクリーンショット






解説
TVQ(九州放送)の「土曜の夜は!おとななテレビ」で紹介されました!
■■■■■■■
消費税++は金額を入力するだけで5%・8%・10%の税込価格を一発計算してくれるシンプルながら超便利な消費税電卓です!
金額の入力は税込・税抜どちらでもOK。計算ボタンを押すだけで5%・8%・10%の税込価格がすぐわかります。
軽減税率の導入が決定しました。ということは、まだまだしばらくは暗算が面倒な時代が続きます。
「8%込みの値段なんてパパッと暗算できないよ!」「イートインとテイクアウトでどのくらい変わるの?」…このようなニーズに一発回答するアプリ、それが消費税++です!
普段のお買い物だけでなく、ビジネスシーンでも大活躍間違いなし!!

<特徴>
■インプット・アウトプットもスマートに
メールの本文や他のアプリからコピーした数字(金額)をペーストすることができますので、転記ミスを防止できます。表示欄を長押ししてペーストしてください。
また、計算結果は簡単にコピーしたり、メールしたりすることができます。

■消費税計算履歴を搭載
消費税の計算結果を専用の履歴画面でいつでも確認できます。お買い物の最中にご利用ください。

■普通に電卓として使っても安心!
簡単な四則演算も可能なので普通に電卓としても使えます。
(計算できるのは1億の位までです。メモリ機能等はありません)

なお、iPhone標準の電卓アプリと違い、一般の電卓で採用されている入力操作(計算方式)を採用していますので安心してご利用いただけます!
例:
1+2x3の計算結果を求めてみると、
標準の電卓アプリ:「7」
消費税++:「9」
あなたが期待していた計算結果は間違いなく「9」ですよね!

■アドオン購入で広告非表示可
ひとりでも多くの方にお試しいただきたいので、無料でご提供しています。また、アドオンの購入で広告を非表示にすることも可能です。ビジネスシーンでは「商談でサクッと使おうかと思ったけど、広告はちょっと…」という場合もあるかと思います。是非、アプリ内よりアドオンのご購入をご検討ください。

■■■■■■■
おまけとして、もしも税率13%や15%の時代が到来したらどうなるか?も一覧で確認できるようにしました。
最大20%までシミュレーション可能です。
もちろんこの機能は単なるシミュレーションに過ぎませんが、「そんな未来が来たらどうなるか??」を想像してみるのはいかがでしょう?

■■■■■■■
ご存じですか?消費税豆知識
「このアプリはなぜ計算結果に1円未満の端数が出るの?意味ない!他のアプリのように切り上げて表示してほしい」というお問い合わせをいただきます。
確かに1円未満の端数は一見意味がありません。
ではなぜこのアプリではあえて端数を表示しているのでしょうか?
実は、財務省は税込価格の設定にあたり生じる円未満の端数の扱いを事業者の判断に任せております。
つまり、消費税相当額に1円未満の端数が生じる場合、その端数をどのように処理(切捨、切上、四捨五入など)して「税込価格」を設定するのかは、お店によって違うわけです。
例えば、税抜1,980円の商品があった場合、税込8%の計算結果は2,138.40円です。この時、Aというお店では端数を切り捨てて2,138円にするかもしれないし、Bというお店では切り上げて2,139円で売るかもしれません。
なので、このアプリではあえて端数の処理をせずに計算結果を表示しております。