2017/11/23 05:27:13 id:470533511, genre_id=6020 , Medical, CCBot/2.0 (http://commoncrawl.org/faq/)
EyeBlurMaster | 評価 | iPhoneアプリ101ランキング
2017年11月23日更新
販売元:TechnoMaster Co. Ltd.
開発元:
1.3.1
iOS5.0 平均評価:3.5
リリース日:

もっとレビューをみる

1. ¥500は高い (v1.3.1)
トレーニング一つしかない
ぼったくられた感大有り
2. 音がなりません。 (v1.3.1)
電子音がなりません。どうしたら改善できるのでしょうか?
3. 眼精疲労にいいかも (v1.2.1)
ピントフリーズがひどかったですが、少し改善した気がします。眼精疲労がひどい人にオススメします
4. 野暮ったいが、効いたかも。 (v1.2.1)
腕を前後に動かすので、電車内では恥ずかしくて出来ない。トイレでやってます。
腕が疲れるけど、まあ、二の腕がちょっと引き締まったかも(笑
そこそこオススメですね。
5. トレーニング開始 (v1.2.0)
アプリだけではトレーニング方法がよくわからないのがつらい。

毎日何分間トレーニングするのが理想なのか?
初心者でもわかるような丁寧な説明があれば嬉しい。

アプリの出来はどこか古臭いがインターフェイスは悪くない。
6. アプリがよく異常終了する (v1.2.0)
使い始めたばかりなので効果はわかりませんがよくアプリが落ちます
7. 音がならない… (v1.2.0)
なんとなく効果は期待でそうな感じで楽しみなんですが、鳴るはずの音がならない…私の設定がどっか間違ってるんでしょうか??
8. スッキリ (v1.1.1)
歳のせいかパソコンで長時間作業していると目の疲れを感じる事が多くなりました。EyeMasterでゆっくりした移動時間でトレーニングしたところ、眼がスッキリして疲れが取れました。ちょっとした時間でトレーニング出来るので大変便利です。
9. 楽です (v1.1.1)
時間もかからずやり方も簡単でとてもいいです
10. 効きます (v1.0.1)
使い方は意外に簡単で、上手くコントロールできます。これで視力の衰えを防げるなら絶対いいです。単純だけど、そこがイイです。ちゃんと論文も見れますので、試す価値はありますよ。

もっとレビューをみる

★ このアプリをクリッピングする ★
スクリーンショット





解説
アプリEyeBlurMasterは目の遠近の調節(目の屈折調節)を効率よく行う新しいトレーニングで、視力の向上、眼精疲労の改善をめざしている人向けのトレーニング法で-
す。パソコンやゲーム機などが、大人だけでなく子供たちの日常に入り込み、子供の近視化の低年齢化、大人になってからの近視化を促進しています。近い距離に置かれた固-
定スクリーンを長い時間集中して見ていることから眼精疲労も生まれます。こうした悩みをお持ちの方は是非このEyeBlurMasterによるトレーニングをおためし下さい。-

このトレーニング法は視力改善装置(特許3766681 発明者:堀江秀典、2006年)に基づいています。その特徴はiPhoneを遠くから目に近づける時画面に映し出されている図形(視標)の大きさが次第に小さくなり、-
また逆に遠ざかる時は大きくなり、その図形の網膜上に写るイメージサイズが一定となるように調整されていることです。この方法により目は前後に動くiPhone上の視-
標のボケを補正することに専念できます。大きさの変わらない視標の場合その網膜上のイメージサイズはiPhoneが動くたびに変わり、その画像を取り込む作業のために-
視覚(眼と脳)は大変な作業をすることになり、ボケを補正する作業に専念できなくなります。この原理に従って作製された試作視力改善装置によりトレーニングをした結果-
、近視化が進む子供の視力の低下が抑制されただけでなく、視力の改善も認められました。右目、左目、両眼各10往復の3分以内のトレーニングを週2回行った結果です。-
この短時間のトレーニングを続けている間改善した視力は維持されました。この実績は海外の眼科専門誌に論文(Clinical Ophthalmology, 2010.4.251-260)として発表され、日本語でもメディカルトリビューンのMTPro(2011年1月)で紹介されました。この視力改善装置と同様のトレー-
ニングをいつでもどこでも出来るように考案したのが、アプリEyeBlurMasterです。動力源は自分の手です。iPhoneを手で持ち視標の大きさが変わるのに応じて(-
音の指示があります)腕を曲げ伸ばして目の前で視標を前後させます。手の動きの調節と視標が網膜上に映し出されるイメージのボケの調節が一体化し、機械化された装置で-
は見られない効果も期待できます。パソコン作業やゲームの合間にこのトレーニングを行い、数分の眼の屈折調節運動と腕の運動でリラックスしてみては如何でしょうか。