2017/11/25 08:47:02 id:347546771, genre_id=6017 , Education, CCBot/2.0 (http://commoncrawl.org/faq/)
Solar Walk | 評価 | iPhoneアプリ101ランキング
2017年11月25日更新
販売元:Vito Technology Inc.
開発元:
2.4.3
iOS8.0 平均評価:4.5
リリース日:

もっとレビューをみる

1. Very good (v2.3.7)
Very Good
2. もう一歩! (v2.3.5)
画像は非常に綺麗ですね!
惑星や衛星と惑星の位置関係を見るには楽しいソフトです。
ただ、私が天体観測の補助として期待していた以下の機能は、正確性を欠いている様です。

・地球から見た木星の大赤斑の位置。一応、時間と共に、模様は変化しますが、実際とは異なる様です
・ガリレオ衛星の位置
・同じく、地球から見た時の金星など、内惑星の満ち欠け

今後の機能拡張に期待を込めて、星マイナス2です。

地球から見た時の様子が忠実に再現されるようになると最高ですね。
3. 授業で大活躍します (v2.3.5)
2よりこちらのほうが使いやすい。
早送りの調整の幅や、銀河系までひけるところなど、授業で活用するための機能がそろっているのはこっち。地球から見た金星の満ち欠けも観察できるし、月の満ち欠けの説明VTRもあるし、至れり尽くせりです。
4. 手のひらの宇宙♪ (v2.3.5)
太陽系がとても美しく、精巧に表現されています。
5. 無料で充分 (v2.3.5)
6歳の子供とよく一緒に見ています
6. たまに見るだけだが。 (v2.3.5)
見るだけでも宇宙旅行してる気分。
重いのが難点。
7. 良いです (v2.3.5)
眺めているだけでも楽しい。
8. とても好き (v2.3.5)
色々さわってるだけで癒されます。
9. あと少し (v2.3.5)
大変面白いのですが映画を再生しようとするとアプリがおちるバグがあるのでそこが直してもらえればいいと思います。
10. やっぱりあんたたち最高だよ (v2.3.5)
文字化けの修正も終わって再び楽しんでます。
いいね。

もっとレビューをみる

★ このアプリをクリッピングする ★
スクリーンショット






解説
機能の概要:
我々近隣の惑星の知識を探検しましょう!ユニヴァースのセンターになるために特定の惑星を選ぶことによって(土星、木星、火星と天王星の衛星を見る)。循環の速度と時間を決めて、太陽系惑星の遊びをお楽しいいただける。Solar Walkアプリの3Dモデルは、真の太陽系の正確な再生です。

他の天文学アプリの間で目立ちして、Solar Walkは、非常に美しくスムーズなグラフィックスとアニメーションがある。地球が、他の惑星と共に山、湖、海、そして雲を見ることさえできるように真実的に見えます。

インタラクティブ学習の共にSolar Walkを使って、宇宙がより近くなれます!

*インターネット接続は不要*

主な特長:

銀河系の表示:驚異的なズームアウトで、銀河系全体を見渡すことができます。

衛星:地球を周回する主要な人工衛星の軌道をリアルタイムで表示

位置:地球上におけるあなたの現在位置が矢印で示されます。さらに、世界中の主要都市名、月、火星、金星の見所が示されます。

動画 - 学習用アニメのコレクション

3Dの太陽系:Solarシステムを回ることによって、3Dモデルで遊べる。拡大、縮小、異なる角度からそれを調査することをできる。あなたは我々の太陽系の惑星現在の位置を観察することだけでわなく、また、過去と将来に、確かな期間で彼らの位置を学ぶことができます!

FLY to the PLANET:惑星を選択し、""ロケット""のイメージをクリック,そして--飛ぶ,その惑星へ直進!惑星の美しさ、現実的なイメージをお楽しみに!

READ INFO :惑星については、"i"ボタンをタップしれば、惑星に関する一般的な情報、その名称、質量、半径、太陽からの距離、画像付いてる体内部構造、科学ミッションなとを学ぶ。

(Time Machine)タイムマシンは:時計のアイコンをクリッ
___________________________

注意 !
3Dモードを使うには、 3D赤青メガネが必要ですので、ご注意ください。ご存じのように、冥王星は今では惑星とは見なされません。しかし、ユーザー皆様の一般的なご意見に従い、アプリのモデルでは太陽系に加えられています。


専門家のコメント:
"宇宙を! 太陽系を! とにかく壮大な宇宙空間を旅してみたいっ! という人は多いのではないだろうか? そんな人に絶対オススメしたいアプリが『Solar Walk』で好評を得ている。
ほぼすべての太陽系にある惑星や衛星をリアルに探索でき、それぞれの星の詳細データや内部構造を断面図で見ることもできるのだ。" www.rocketnews24.com