2017/11/22 23:33:33 id:325438803, genre_id=6020 , Medical, CCBot/2.0 (http://commoncrawl.org/faq/)
AnestAssist PK/PD | 評価 | iPhoneアプリ101ランキング
2017年11月22日更新
販売元:Palma Healthcare Systems, LLC
開発元:
1.9
iOS7.0 平均評価:3
リリース日:

評価/レビュー

1. iPhone6 iOS8で使用不能 (v1.8)
iPhone6、iOS8(iOS8.1も)になってから使えなくなりました。
とても使いやすかったので、残念です。
早く使えるようにして欲しいです。
2. iOS8に対応せよ (v1.8)
金払ってんだから、さっさとアップデートせよ!
3. 自分もフリーズ (v1.8)
ios8にバージョンアップしたのち、アプリを開き、以前のcaseが出た瞬間にフリーズ。研修医への指導に大変便利なので、早くアップデートお願い!
4. iOS8 (v1.8)
動かんよ。はやくupdateしてくれ。
5. frozen (v1.8)
iOS8.0.2へのアップデートで全く応答しなくなった。アプリのバージョンアップはいつになるのか。毎日使っていたので困っている。アプリそのものに不満はない。
6. フリーズ (v1.8)
iOS8上でAnestAssistフリーズします。早いアップデート待ってます。
7. good (v1.8)
今のところ、iOS環境で麻酔シミュレーションを行うなら、これがベストですかね。学生や研修医の入門にも、ベテランの普段使いにも、どちらにも役立ちます。
8. 高性能 (v0)
実用的。これくらい機能の揃ったソフトはこの価格では他にない。
1.5になり、任意の時点での濃度を数値で見られるようになった。
入力項目を自分に合わせてカスタマイズできる。グラフの縦軸を自分で設定可能。フェンタニルの効果器部位濃度を見るには大変良い。横軸も動的に動かせる。
セボフルランのシミュレートも流量可変で可能。
9. まぁまぁ (v0)
グラフ上に濃度の数字が出たらいいかな。
10. 重宝しています (v0)
効果部位濃度のスケールを自由に変更できるとより良いかと思います。
プロポフォールは、TCI設定も選択できた方が良いかもしれないですね。
また、ケースログが残せるのもよいと思います。
★ このアプリをクリッピングする ★
スクリーンショット






解説
AnestAssist PK/PD is an educational tool used for understanding and visualizing the pharmacokinetics, pharmacodynamics, and interactions of commonly used anesthetic drugs.

Anesthesiologists, CRNA’s, veterinarians, and other clinicians involved with anesthesiology, from residents to the very experienced, will find AnestAssist a valuable tool for understanding rational dosing strategies tailored to individual patients.

Mathematical models, published in peer reviewed anesthesia journals (see www.palmamhealthcare.com), which take into account patient weight, age, and gender, are used to estimate and chart:
Plasma Concentration (IV drugs)
Alveolar Concentration (Inhaled agents)
Effect Site Concentration
Probability of Effect (individual and combined drug interactions)
Analgesia: No response to laryngoscopy
Sedation: OAA/S < 2
NMB: T1/T0=50%

IV drugs included: Propofol, Remifentanil, Fentanyl, Alfentanil, Sufentanil, Dexmedetomidine, Ketamine, Lidocaine, Morphine, Midazolam, Atracurium, Cisatracurium, Rocuronium, and Vecuronium.

Inhaled agents included: Sevoflurane, Isoflurane, Desflurane, Enflurane, Halothane, and Nitrous Oxide.

Interactions modeled: Propofol, Sevoflurane, or Isoflurane with any combination of Remifentanil, Fentanyl, Alfentanil, or Sufentanil.

Users can add drugs and PK/PD model parameters to the system in addition to those included above.

Real-Time Case Capture: Drug entry system facilitates recording drugs administered real-time or retrospectively from intra-operative record. Save to Case Library for later review.

Case Library: Save actual cases or design and add your own cases to the library to record and demonstrate dosing strategies for a variety of patient types and drugs.

AnestAssist runs an enhanced user interface full screen natively on the iPad and in standard mode on the iPhone/iPod. The core functionality is the same on both.

Please see www.palmahealthcare.com for detailed information.

For Educational Use Only